おニューの機能について

回線表示を更新

デスクトップ版Tor Browserでは、各タブのTor 回線が回線表示で確認できます。 つまり、アドレスバーの左側にある南京錠のアイコン(Onion Siteの場合はオニオンアイコン)をクリックする必要があります。 ユーザビリティ・テストの参加者は、回線表示の場所を聞かれても見つけるのに苦労することが多く、一般に、回線表示がどこにあるのかを教えてもらう必要があった。

この問題を解決するため、回線の表示を南京錠の横にあるカラフルな新しいアイコンの後ろに移動しました。 SecureDropのユーザーが、人間が読めるOnion名を訪問した場合、V3 Onionアドレスが表示され、そのアドレスに戻ることができるようになりました。

デスクトップ用 Tor Browser でsecuredrop.orgの回線表示を更新したスクリーンショット

新しいOnion Siteのアイコン

以前は、Onion Siteはオニオングリフ(Tor Browserのオニオンロゴを小さく平たくしたもの)で表現されていました。 デスクトップでもAndroidでも、Tor Browser 12.5でOnion Siteにアクセスすると、新しいことにお気づきになられるのではないでしょうか。

Onion ServiceはTor Browserだけのものではなく、それ自体が製品であることを認識することが重要です。 市民社会団体、人権団体、報道機関の間でOnion Serviceの導入が進むにつれて、サードパーティ製アプリによるOnion Serviceへの訪問もサポートされるようになりました。 現在では、Tor Browserに加えて、OrbotOnion BrowserBraveなどの互換アプリでもOnion Serviceにアクセスできます。 それを考えると、Tor Browserと密接に関連するアイコンでOnion Siteを表現し続けることにはもはや意味がありません。

ProPublica Onion Siteのスクリーンショット

接続エクスペリエンスの向上

デスクトップ版Tor Browser 10.5では、Tor Launcherを廃止し、ブラウザーウィンドウ自体からTorに接続できる新しいインターフェイスを採用しました。 この機能により、接続設定を含むTor Browserの他のメニューにオフライン状態でもアクセスできるようになり、同等のTor Launcherの設定ページよりも高機能になりました。

このリリース以来、ユーザビリティ・テストの参加者は、接続タブからナビゲートした後、接続方法がわからなくなることがありました。 この問題を解決するため、オフライン時にアクセスしたページのアドレスバーから接続ボタンにアクセスできるようにし、接続設定でブリッジを設定した後にTor Browserが自動的に接続するようにしました。 また、ブラウザーの接続ステータスの表示も改善され、ブラウザーウィンドウの右上に表示されるようになったほか、ブラウザー全体に新しい接続アイコンが表示されるようになりました。

デスクトップ用Tor Browserで接続する前の接続設定タブのスクリーンショット

アクセシビリティの向上

Tor BrowserはFirefoxのExtended Support Releaseをベースにしているため、Firefoxのフロントエンドのユーザーエクスペリエンスを可能な限り再利用し、プライバシーとセキュリティの問題にリソースを集中することができます。 しかし、Tor BrowserはFirefoxの上に多くのカスタムページやコンポーネントも含んでいます。

Firefoxのアクセシビリティを改善するためのMozillaによる長年の努力と並行して、わたしたちはデスクトップ版Tor Browserのカスタム機能の問題を具現化するために、わたしたち自身のアクセシビリティの評価を始めました。 この見直しは完了し、Tor Browserのアクセシビリティを向上させるための複数リリースになるであろう取り組みの最初の修正を配備し始めています。

Tor Browser 11.5以降、バンドルされた変更ログ(about:tbupdate)、回線表示、セキュリティレベルパネル、雑多なダイアログ、ブラウザークロームの他の部分を含むいくつかのコンポーネントをリファクタリングしました。 スクリーンリーダーやその他の支援技術をお使いの方は、ボランティアでアルファテスターになるTor forumで開発者にフィードバックするなどして、過去や将来の修正点のテストにぜひご協力ください。

デスクトップ版Tor Browserのセキュリティレベルパネルを拡大した内部変更履歴のスクリーンショット

フィンランド語への対応

Tor Browser 12.0ではアルバニア語とウクライナ語をサポートしましたローカリゼーション・ラボのボランティア翻訳者とパートナーの素晴らしい働きにより、デスクトップとAndroidの言語オプションにフィンランド語(スオミ語)が追加されました。 フィンランド語やその他の言語でエラーを発見した場合、Tor Browserやそのドキュメント、ウェブサイトの翻訳に貢献する方法について、ローカリゼーションポータルで詳しく知ることができます。

Tor Browser のフィンランド語接続ページのスクリーンショット

ご意見をお寄せください

バグを見つけた場合、またはこのリリースを改善する方法について提案がある場合は、お知らせください。 このリリースに貢献したTorのすべてのチーム、そして多くのボランティアに感謝します。

助けが必要ですか?

コミュニティーのFAQを見る

サポートにアクセス

連絡を取る

ライブでチャットしましょう!

IRCに参加する